イメージ

事業所内保育所ぽぽらす

shinjoshinjo

Menu
 

ぽぽらすについて

2018年6月にスタートした、企業主導型保育施設です。 自社従業員の子どもや提携企業や地域の方々のお子様など、幅広くお預かりしています。。定員は12名。保育専任スタッフの5名だけでなく、新上からの臨時補助スタッフ4名と計9名の保育者が保育にあたっており、 “その子らしく、楽しく伸びる”という保育理念のもと、会社全体で子育ての支援をしています。

保育施設・設備

保育施設・設備紹介 ・施設保育室(50㎡)内に個別ロッカー、トイレ、手洗い、授乳スペースがありますまたパーテーションを用いて乳児エリアなども設置できます。 ・設備  園庭 / 屋外遊具 / 調理室 / 冷暖房設備2台 / 加湿器 / 除湿器 / 加湿空気清浄機 / 除加湿空気清浄機 / 8人乗り避難カー / 4人乗りベビーカー
基本情報 入園費用などはなく、基本的には保育料のみをいただいています。様々なニーズに対応するために時間料金の設定をしていますが、ご希望があれば月極料金なども可能です。
生活の流れ ぽぽらすの基本的な生活の流れです。季節の行事など取り入れながら、無理なく毎日楽しく過ごせるよう計画しています。
給食について 給食は完全自園調理で、管理栄養士が作成した献立とレシピ、食材を外部委託しています。 離乳食はもちろんのこと、可能な限り除去食にも対応します。また、専門知識を持った食育アドバイザーと提携しており、季節の行事など、イベント毎に特別おやつがあります。月齢の低い子ども達でも楽しめるようなレシピの考案、実践を委託しています。 食育アドバイザー・田中可奈子さんのホームページはこちら
スタッフ紹介 施設長兼保育士1名、保育士3名、調理員兼子育て支援員1名の計5名がメインスタッフになります。 また、新上の代表と社員3名が子育て支援員の資格を取得。子どもの定員12名に対して保育者が最大9名での保育を可能にし、会社全体で保育の支援環境を整えています。
提携園 柏市北部にある、学校法人鴻ノ巣学園 きたかしわ幼稚園と提携しており、ぽぽらす卒園後はきたかしわ幼稚園への入園が可能です。 きたかしわ幼稚園のホームページはこちら

企業主導型保育施設について

家庭と仕事がより良く両立できるように 利用者と施設が直接契約を交わし、利用日数や時間などニーズに合わせて設定できるのが企業主導型保育施設です。当ホームページ内のブログでは、企業主導型保育施設のメリットデメリットや日々の保育の様子を掲載しているので、是非ご覧になってください。